四診法について          

現在私が実際に行っている治療は、四診法と呼ばれる診察法によって得られた情報をもとに病態を把握して、治療法に関しては患者さんの希望する手段を用いて実施するようにしています。

*四診法とは、次の四つからなります。
望診 顔や舌の色を見る。   
聞診 声の質や体臭をうかがう。
切診 脈を見る(脉診)。
体表に触れて反応を診る(触診)。
(切は「切る」ではなく触れるを
意味します。)

問診 患者さんの話を聞く。
症状や全体の状態など。

このうち重視しているのが望診と切診です。詠診は体の状態の変化をもっともすばやく教えてくれるので重宝しています。

西洋医学で脈を診る場合は主に血圧を測るときで、通常心拍数を数えているだけですが、東洋医学の場合は脈の速さだけでなく、強弱、大小、打つ位置、形状などを細かく目的にあわせて判別します。

時には頭部や顔面、足背などの脈も参考にします。

いずれにせよ複雑な体系を持っているため習得に時間がかかり、覚えようとする技術者が少ないのは残念です。
サイトマップ(スマホ携帯用)へ
CopyRight c のじり鍼灸指圧院 All Rights Reserved.  
〒569-0036 大阪府高槻市辻子3−29−8