寝汗、発汗異常   

・トップページ
はじめに
・こんな考え方です
・プロフィール
・ブ ロ グ
治療方法
・四診法について
・鍼灸と手技療法、MT
・適応疾患など
Q & A
・治療時間、料金など
・アクセス、地図
・その他よくある質問
役立ち情報
・体質チェック
・乳幼児の治療
・高齢者の方
そ の 他
・リ ン ク
・サイトマップ
他人にはあまりわからないのですが、汗が出すぎて困るという病気で悩んでいる方がけっこういらっしゃいます。さして暑くも無いのに汗が流れ出るものを自汗と呼び、寝汗のことを盗汗といいます。

こんなもん鍼で治るか?と思われながら、案外よく効く症状の一つですが、どちらかというと盗汗のほうが治りやすいです。どちらも自律神経の失調が原因で、伝統医学では陰陽の偏盛によって起きるとされます。

寝汗は陰虚という状態で、体の中で無駄な消耗による熱が発生していることを意味しますので、これを抑えてやると止まります。

自汗には陰虚と陽虚があります。後者は寒がりなのに汗が出ます。体の内側を温めなければならない気が、外へ漏れているからです。なので風邪の時に良く見られるわけですが、風邪はひかずとも年中そのような状態の人がいます。身体の熱を上手に使えるようになると、寒さにも強くなりむやみに汗が出なくなります。



CopyRight c のじり鍼灸指圧院 All Rights Reserved.  
〒569-0036 大阪府高槻市辻子3−29−8