施術の考え方   

治療はその時に可能なことを最大限行います。

当院では何分当たりいくらという時間料金制をとっていません。必要かつ充分な治療は、その時の患者さんの病状と術者の技量によって自ずと決定します。ですので一回あたりの時間は大体若干伸び縮みしますが、料金は変わりません。

2、
刺激の量は最小限にとどめます。
鍼というのは人体から見ればどこから見ても“異物”に他なりません。異物を体に触れたり入れたりする以上、その量は極力少なくするのが本来の鍼治療の姿であるといえます。

これはマッサージなどの手技療法にもいえることで、「痛ければ痛いほど効く」というようなものではありません。


ここからはおまけのはなし(長文です(^_^;)

私が看板に挙げている鍼灸や指圧は東洋医学だとよく言われます。

本来ならば人の身体を治すことに、東洋とか西洋とかの区別があることはおかしな話で、悩んでいる人にとっては「何でもいいから良くなりたい」だけが共通の思いだったりします。

だからもし機械の修理のように治療ができるのなら、それに越したことはありません。

しかし治療というものはなかなかむつかしいもので、生きた体というのは車のように古くなったところとか、傷んだところをパッと付け替えて終りとはいかんのですね。

ところが逆に付け替えをしなくても良くなることもあるのが人間で、自然治癒力というありがたい機能を授かっています。

"自然の治癒力”ですから、近代科学が生まれる遥か昔からわかっていることもあるわけで、それなら「昔の人の知恵を借りよう」という話になるわけです。私も借りている一人です。

カタイ話ですが「全体は部分の総和より偉大である」というような言葉がありまして、中国やインドの伝統医学ではその考えにとても近いところがあります。

人体を各パーツの集まりと考えずに、全体で一つの小自然として考えます。小さな身体の中に天地がグッと凝縮されて、大自然と同じ営みが刻一刻となされていると考えます。中国では昔から伝わる天人合一思想と呼ばれるものです。

夏は雨が多いように人も汗をかきますし、冬は氷が張るように節々が硬くなりがちです。氷が溶けるには気温が上がればいいように、手足の節々をやわらかくしたい時は体の温度を上げればいい。そんな風なところです。

痛むところ、つらいところが仮に手足だけ、頭だけといった一部分に限られていても、原因は全体にあると考えた方が治療はうまくいきます。

例えばここ大阪に雨や雪が降っていても、その雲はどこか遠くからやってきたものであるように、頭痛が胃の不調や足の冷えから来ていたりすることがあるわけです。

人の体質は様々で、冬の荒原のような体に震えている人もいれば、昼の砂漠のような体に苦しんでいる人もいます。

本人が必ずしもそれに気付いているとは限りません。むしろ気付かずに悪化していることが多いでしょう。治療はその人にあった方法を、実際の季節にも合わせて行ないます。

治療を受けられることで元気になるだけでなく、心身のどこかにきっと新たな発見をされることも楽しみにしていただければ幸いです。

サイトマップ(スマホ携帯用)へ